賃貸に住み続けるか自宅を購入するべきか



賃貸派は意外な盲点に気づくべき:


住宅の種類ではなく賃貸住宅に住むのか自宅として購入するべきなのかという議論があります。

この議論の前提として、純粋に金銭的に有利なのはどちらかという比較と
一生の住まいとして賃貸住宅と自宅所有のメリット・デメリットを含めて考えるのかという違いがあります。

まずは、それぞれを分けて考えてみましょう。

金銭的にどちらが有利かはその時の社会情勢や経済市況によって変化します。

さらに住宅を求める方の経済状況によっても変わります。

たとえば、自宅を購入するための頭金がなく、ゼロベースで考えるのと、ある程度の頭金を用意している方では計算の前提が変わります。

現在は住宅ローンの金利が非常に低く、早めに自宅を購入しても賃貸住宅で毎月家賃を払い続けることを考えると、住宅ローンを払い終えたときには住宅が自分のものになるので購入した方が有利と

現在は住宅購入派がどちらかというと有利な状況にあります。

ゼロベースではなく、既に頭金を用意している方の場合は、さらに購入派が有利になります。

ある程度頭金を用意していると、住宅ローンの払い込み期間が短く、金利分の支払いも少ないので、比較的若いうちに自宅が自分のものとなります。
この場合、家族構成の変更やリタイア後の住まいとして住み替えも考えられます。


一方、金銭面だけでなく一生の住まいとしての賃貸と所有を比較しましょう。

賃貸住宅のメリットは身軽に住みかえが出来ること
子供が小さいうちは小さなマンション、少し大きくなったら教育面を考えて文教地区のマンションへ住み替え。

子供が独立したら夫婦二人が楽しめる郊外のマンションなどと自由に住みかえができること。

反対にデメリットは一生家賃を払い続けなければいけないこと。
上記の計算のように経済的にはやはり不利になりがち。

また、リタイアして収入がなくなると大家が入居を断るケースもあります。一生賃貸住まいで住めるかどうかは良い物件に巡り会えるかでも変わります。

さらに重要な問題があります。
一口にマンションといっても賃貸用マンションと分譲マンションでは構造などの作りが異なることを認識すべきです。

賃貸マンションはあくまで大家が儲けるために作られたもの、
なるべく安く仕上げようと壁が薄かったり、構造面でも法律ギリギリで作っています。

最近の地震や風水害の状況を考えると、安心安全面で信頼できるのはやはり分譲マンションです。

いろんな意味で私は「自宅購入派」が有利と考えます。






© 賃貸に住み続けるか自宅を購入するべきか~お得な住まいは戸建てかマンションか